善通寺市 灸まん美術館

激しい雨が降る中、丸亀市の中華そば・とくひろでそばを食べたあと、灸まん美術館へ。

善通寺ICから車で約15分。善通寺市だけど、こんぴらさん寄りにある

琴平の銘菓・灸まん(饅頭屋さん)の美術館

門を入ると、円形の吹き抜けになった中庭がある。

香川出身の画家・和田邦坊氏や陶芸家・大森照成氏の作品が展示されている。 和田邦坊氏は、香川のもうひとつの人気饅頭店・かまどの包装紙の絵も手がけている。

 

外観は白壁に瓦屋根のとてもおしゃれな造りで、 館内は、小さいけれど、中二階になっているスキップフロアで、清潔感があり気持ちいい。

カフェ(喫茶コンピーラ)が併設されている。

隣には、うどん店「灸まんうどん」もある。

☆ 香川県善通寺市大麻町338   電話 0877-75-3000


丸亀市猪熊弦一郎現代美術館ーMIMOCA

暑い日は、美術館巡りが気持ちいい。

老舗デパート三越の包装紙のデザインを手がけた猪熊弦一郎氏の美術館である。

建築設計家・谷口吉生氏によるモダンで開放的な、美術館自体がアートになっているのも見どころ。

JR丸亀駅前という便利なところに在り、車なら地下駐車場の券に1時間無料のスタンプを押してくれる。

この日は、韓国現代美術展をやっていた。

写真は撮れなかったのだが、古いタイヤで造られた犬がすばらしかった。

併設されたカフェは、デザインファーム「ブルーマーク」 が手がけているということで、とてもおしゃれで心地良かった。

イサム・ノグチ氏デザインの家具やハンス・J・ウェグナー氏のYチェアーなどがあり、きれいなブルーの絨毯には、猪熊氏の鳥の絵が描かれていたり、カフェでもアートが楽しめる。

ケーキも美味しかった。

  このコースターも猪熊氏のデザインだ。これはもしや、三越の包装紙のかな???

☆ 香川県丸亀市浜町80-1


坂出市 東山魁夷せとうち美術館

瀬戸大橋を望む海辺の美術館

坂出市の東山魁夷せとうち美術館へ。

ニューヨーク近代美術館新館の設計で知られる建築家谷口吉生氏の設計である。

東山画伯のリトグラフなどの作品が展示してある。

シンプルですっきりしているが小さいながらもきれいにまとまっていて、素敵な美術館だ。

展示室を出て階段を下りるとカフェがあり、前面ガラスで最高のロケーションだ。

「名物かまど」 がここだけのために作ったあまもという青海苔のお菓子と抹茶のセットで一服。甘いと思って一口食べると、塩あんで、磯の香りがした。

ここから見ると、今まで気付かなかった瀬戸大橋の雄大さと美しさを実感できた。


大塚国際美術館

鳴門市の渦の道からすぐ近くに大塚国際美術館がある。

世界中の名画を陶器の板に原寸で焼き付けた陶板複製画である。オリジナル作品と同じ大きさで鑑賞することができるので、かなり迫力がある。

 システィーナ礼拝堂

最初に入ったところ。ため息がでた。

 スクローヴェーニ礼拝堂

風水害や火災などの災害や、光による色あせや劣化に非常に強いので、手で触れることや写真撮影が出来るし、屋外に展示されている作品もある。

入場料がちょっと高いけど、その分、充分な満足感がある。

   

1つずつじっくり観ていると、全体を1日で回ることはむずかしく、途中で休憩したり、最後の方はスピードアップして回った。 また訪れて、ゆっくり観たい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

せとうち美術館ネットワーク☆←入場割引が受けられます。

1

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode
ブログパーツ 無料

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM